ブドウ畑
ブドウ畑
私たちのブドウ畑:ワインが変われば畑も変わる

カステッレーロ畑
異なる土壌と風条件をもった複数の畑が隣り合わせで位置するブドウ畑のグループ。
中心的なグループは南南東向きの強い石灰質土壌で、昼間風通しが良く、白ブドウの生育に適しています。午前中とくに日当たりが良いものの、激しい温度差がないため香りと酸度は損なわれません。
栽培種はモスカート・ダスティ、海抜が低く涼しいゾーンにはソーヴィニョン・ブランを栽培。
東側の畑はヴェラルディ畑と呼ばれ、南向き、土壌は粘土質がやや多く石灰分が少ないため、モスカートの栽培には適していません。風通し良好。
栽培種はネッビオーロ、カベルネ・ソーヴィニョン、海抜の低いゾーンではメルローを栽培。
西側の畑は南向きで、斜面に当たる風は強くありません。土壌は乾燥した、粘土分の多い石灰質であるため、バルベーラのように収穫が遅く、暑さに強い種が適しています。こうした条件によってブドウの果実 良く熟し、強い色彩が得られるため、この畑で栽培されるブドウからソープラ・ベッルーティが生まれます。

ポッツェット畑、ムーダ畑
モアスカと境界を接するブドウ畑のグループで、丘陵の頂上から、カステルヌオーヴォ・カルチェアおよびニッツァ川へ向かって緩やかに下る、西南西向き、一部東北東向きの斜面に位置しています。
1976年に栽培が始まったポッツェット畑は、午後の暖かい日差しを一面に受け、石灰石を含む粘土質の、赤色土壌を特徴としています。ここに産するバルベーラ種は力強く、高いアルコール度数を誇り、適度な酸味、プルーンとサクランボに似た香味を持っています。
ムーダ畑は主に東向き、土壌は砂状の石灰質の部分、粘土質の部分が混在し、いずれも有機質に乏しく、バルベーラ種栽培に適しています。土壌が変化に富んでいるため、フルーツの香り豊かで色彩鮮やか、しっかりとしたストラクチャーを有し、長期間の熟成に耐え、力強い酸味を特徴とするバルベーラを産します。畑の向きと緩やかな傾斜によって、激しい温度差のない、安定した日照が得られます。 標高のもっとも高い部分でアルバロッサ、それ以外の場所ではバルベーラを栽培。

ブラリャ畑
カネッリ、サンタントニオ地区の丘陵の頂に位置する一区画のみの、1989年に栽培開始したブドウ畑。北西向き、土壌は粘土質および石灰質。付近に高い丘がないため一日の日照時間が長く、また、畑に当たる風はあまり強くありません。フレッシュでフルーツ味が強く、中程度の熟成期間、良好な酸味を特徴とするシャルドネを主に産します。

プラトロトンド畑
主要な畑の栽培種はシャルドネ(1978年栽培開始)、生産性が低く酸度の高いクローンを栽培しています。北から西向き、傾斜10%、カネッリのサンタントニオ丘陵地帯に位置。
付近に高い丘がないため日当たり良好で一日中風通しが良いという特徴を持っています。
土壌はシルト質および泥灰質で強いアルカリ性を示し、有機質に乏しく、水はけは非常に良好。
熟成後の洗練に適し、適度な酸味とミネラル味、複雑な味わいとフルーツ味を特徴とする白ワイン用ブドウ栽培に最適。
やや粘土質が勝る部分には1999年に栽培開始されたゾーンがあり、メルローとフレイザを栽培。この畑からはアルコール度数はあまり高くないものの、フルーツの香り高く力強い赤ワインが生まれます。

ヴィニャーリ畑、またはアメリカ人の畑
バルベーラを産する、同じ特徴を持った二区画の畑で、1934年から2002年にかけて植樹、サン・マルツァーノ・オリヴェート市に位置します。
畑の向きは東向きおよび南東向きで、勾配は約10%。
土壌は砂混じりの石灰質および粘土分を含む石灰質の混合土壌で、ところどころに灰色泥灰土が見られます。水はけは中程度、土壌深部は有機質に乏しいという特徴を有します。
畑の向きと良好な風通しのおかげで果実の成熟が均一に進みます。激しい温度差によって品質が損なわれることもほとんどありません。
また、ブドウの房は小さく、粒の数が少なく、一粒のサイズが小さいという特徴があります。

ドゥ・ジュアニン畑
カステル・ボリョーネのジャノーラ地区で唯一バルベーラ種を栽培する畑で、1991年に栽培開始。
畑は真西向き、勾配は15度、粘土を含む石灰質土壌。
畑の海抜および風通しの良さのおかげで非常に良い色、しっかりとしたストラクチャーを持ち、優れたフルーツの香り、スミレの香りを特徴とする、エレガントで素晴らしい飲み心地のワインが生まれます。

リターノ畑
モスカート種を栽培する一区画からなる畑で、カネッリ、サンタントニオ地区の丘陵地帯に位置。1950年から1997年にかけて栽培が開始されました。畑は南向き、砂混じりの石灰質土壌、付近に高い丘がないため長い日照時間が得られます。ここから採れるブドウを使って、適度なアルコール度数、砂糖漬けフルーツとセージの香り、適度な酸味を持った芳醇かつしっかりとしたストラクチャーのモスカート・ダスティが製造されます。